司法書士事務所
司法書士の業務内容と法律について

司法書士の業務内容と法律について



司法書士試験

第一のルートは、法務省が実施する司法書士試験に合格することである。司法書士試験は、まず「筆記試験」が実施され、次に筆記試験に合格した者を対象にした「口述試験」が実施される。筆記試験は、毎年、7月の第1週(又は第2週)の日曜日に各法務局管轄の受験地で行われている。午前の部は、多肢択一式35問を2時間で解答する。科目は、憲法、民法、商法(会社法その他の商法分野の法令を含む)、刑法から出題される。
年度出願者(人)受験者(人)合格者(人)合格率
平成元年度18,2344062.2%
平成2年度18,5334082.2%
平成3年度18,5994082.2%
平成4年度18,3394032.2%
平成5年度18,0444052.2%
平成6年度18,2664402.2%
平成7年度17,6824792.7%
平成8年度19,0905042.6%
平成9年度21,1585392.5%
平成10年度21,4755672.6%
平成11年度21,8395772.6%
平成12年度22,7156152.7%
平成13年度23,1906232.7%
平成14年度25,4167012.8%
平成15年度28,4547902.8%
平成16年度29,9588652.9%
平成17年度31,0618832.8%
平成18年度31,87826,2789142.9%
平成19年度32,46926,8609192.8%
平成20年度33,00727,1029312.8%
平成21年度32,55826,7749212.8%
平成22年度33,16626,9589482.8%
平成23年度31,22825,6968792.8%



★エントリー

あなたの大事な中古車を査定するためのガイド
司法書士試験
職務従事経験者
商業登記
不動産登記

★カテゴリ

司法書士法

★メニュー

サイトマップ
お問い合わせ

★デバイス

フィーチャーフォン
デスクトップ
スマートフォン



ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
© 2015 司法書士の業務内容と法律について