債務整理で借金の悩みは解決します!

・借金の返済で生活が苦しい

 ⇒債務整理を開始すれば返済をストップできます

厳しい取り立てに困っている

 ⇒債務整理を開始すれば取り立てが止まります

長年返済しているのになかなか借金が減らない

 ⇒債務整理による再計算で借金が大幅に減額します!

借金が多すぎて返済するのは不可能

 自己破産手続で借金をゼロにできます!

借りた額に比べて返済した額が多すぎる

 ⇒借金額を法定利率で再計算して過払い金を回収します!

債務整理とはどのような手続きか

   

債務整理(借金の整理)とは、借金の総額を減らしたり、月々の返済額を無理のない額

まで減らしたり、ときには借金そのものをゼロにしたりして、債務者(借金をした人)の

活の再建を図る手続きをいいます。つまり、サラ金やクレジット会社などからの借金で困

っている方を経済的な意味で救済する手続きです。

                                     ツ 債務整理・よくある質問

貸金業者(サラ金業者)やクレジット会社は、法律で許された限度を超える高金利でお金

を貸しつけていることが多く、借りた側としては毎月の利息の支払いだけで精いっぱいで、

いつまでたっても借金の元金が減らず、新たな借金をしたり、取り立てに悩んだり・・・とい

った悲惨な状況に追い込まれることも少なくありません。

司法書士は、このような状況に置かれた人の代理人としてサラ金・クレジット会社と交渉し、

必要に応じて裁判上の手続きを利用することにより、借金の減額・分割払い・利息のカット

の和解を成立させ、法律上の限度を超えて支払った利息(過払い金)があれば取り戻す

ことによって、債務者を借金生活から救済して、生活の立て直しのお手伝いをいたします。

ほとんどすべての借金の悩みは意外なほど簡単に解決します。現在では多くの方が専門

家である司法書士の手による債務整理手続を利用することにより、借金の悩みから解放さ

れ、生活の再建に成功しています。司法書士小松原事務所でも債務整理業務を積極的に

行っておりますので、借金の返済でお困りの方はぜひ1度ご相談ください。ツ

                                   お問い合わせ   相談の予約

債務整理の流れ

 

ここでは、債務整理の最も一般的な流れを概観します。

      ? 相談者からの聞き取り・債務整理の受任

                  

      ? 受任通知発送・取引履歴の入手  ⇒ 取り立て・返済ストップ

                  

      ? 法定利息に基づく引き直し計算  ⇒ 借金減額・過払い金判明

                  

      ? 債権者との交渉・和解案提示・訴訟の提起

                  

      ? 和解成立又は判決により法律関係確定

                  

      ? 残債務の弁済・過払い金の回収

まず、相談者から借金の総額、返済の状況、保証人の有無、収入や財産等について聞

き取りを行います。そして債務整理手続に踏み切る決心をされた相談者からは委任状を

いただき、代理人司法書士として債務整理手続に着手することになります。

その後速やかに、各債権者(サラ金・クレジット会社)に宛てて、債務整理手続を受任した

旨を通知します。この通知をすれば、債権者は取り立てや催促ができなくなりますさらに

依頼人は、月々の返済を一時ストップすることができます。つまりこの時点でひとまず平穏

な生活を取り戻すことができるわけです。司法書士に債務整理を任せる利点のひとつは、

このような債務整理開始の段階での精神的・経済的な安心感の確保です。

その間に代理人である司法書士が、各債権者から、依頼人のこれまでの借金の状況を記

載した書面(取引履歴)を入手し、利息制限法に定める法定利率に基づき、依頼人の借金

の額を正しく計算し直します(引き直し計算)。この計算の結果、多くのケースでは借金の残

額が減ったり、借金がゼロになったうえに過払い金が発生していることが判明します

そのうえで、残った借金の返済方法(原則として将来の利息なしの分割払い)について和解

交渉をしたり、過払い金の返還についての約束をしたりする(裁判になることもあります)こと

により、債権者と依頼人の法律関係を確定させます。

その後は、債権者との間で交わした約束(又は判決の内容)に沿って無理のない返済を続け、

あるいは過払い金の返還を受け、生活を再建していくことになります。

債務整理のレパートリー

 

債務整理には以下に紹介するようないくつかの類型があり、それぞれに長所と短所があ

ります。借金の額、収入や資産の状況などに応じて、最も適切な債務整理手続を選択す

ることが大切です。

任意整理  

 当事者の話し合いにより解決を目指す方法です。他の類型の債務整理ほどの大きな成

 果は必ずしも期待できませんが、原則として裁判手続を利用する必要がないため、最も

 手軽で低コストな手続きといえます。借金の額がそれほど多くない方や過払い金の回収

 が見込める方におすすめです。 

                                            任意整理の詳細                      

自己破産

 借金を返すことが客観的にも不可能になった債務者が裁判所に申し立てることにより、借

 金を全額免除してもらう類型です。手続きの利用に一定の条件があり、また資格制限を受

 けたり高価な財産を取り上げられたりしますが、手続き終了後に借金の返済義務が残らな

 いため、生活の再建という意味では最も実効性のある方法です。         

                                             自己破産の詳細

個人再生

 裁判所の手続きを利用することにより、借金を大幅に減額してもらう類型です。ある程度

 の費用がかかる手続きであり、借金が帳消しになるわけではありませんが、借金をした理

 由にかかわらず利用することが可能で、資格制限もなく、高価な財産を取り上げられない

 点が特徴です。ある程度多額の借金があるがマイホームを維持したい、といった方におす

 すめです。

                                             個人再生の詳細