任意整理の方法による債務整理

 

司法書士による任意整理で借金は減額します!

 

任意整理とは、裁判所における破産手続・再生手続・調停手続を用いることなく、原則と

して当事者(債権者と債務者)が交渉することにより解決を目指す債務整理の方法です。

通常は司法書士などの専門家が債務者の代理人として債権者との交渉を行います。

もちろん交渉がまとまらなければ、最終的には裁判で決着することもありますが、まずは

話し合いから手続きがスタートするという意味で、最も利用しやすく、かつ安上がりな債務

整理手続であると言えるでしょう。

任意整理の通常の流れとしては、まず司法書士から債権者(サラ金・クレジット会社)宛

てに受任通知(債務整理開始通知)を送ります。その後司法書士と債権者との間で和解

交渉を進め、借金の額を減らし、過払い金があれば回収し、残った借金については将来

利息なしの分割払い等の内容の和解書を交わして終了となります。

司法書士に債務整理を依頼した債務者としては、しばらくの間、債権者による取立てや

催促から解放され、原則として月々の支払もしなくてよいことになります。和解が成立した

ら、その内容に従い無理のない返済をしていくことにより生活を立て直すことが可能です。

                                 お問い合わせ   相談の予約

任意整理のメリットとデメリット

  

メリット

 ・原則として裁判所を利用せずに手続きができる(裁判手続の費用もかからない)

 ・相手方となる債権者を任意に選択して柔軟な交渉をすることが可能である

 ・手続きを開始しても家屋敷や自動車など高価な財産を取り上げられる心配はない

 ・職業・身分や借金をした理由を問わず誰でも利用できる

デメリット

 ・和解交渉がまとまらない場合がある(結局、裁判手続に移行する可能性がある)

 ・過払い金が発生している場合を除き、極端に大幅な減額や全額免除は望めないツ

 ⇒任意整理は、自己破産や個人再生ほどの大幅な借金減額は必ずしも期待でき

   ないものの、リスクやコストが少なく、手軽に利用できることが特徴といえます。

任意整理手続の流れ

  

任意整理手続は、一般的に以下のような流れで進行します。

       ・債務整理(任意整理)手続の受任

                  ↓

       ・受任通知発送・取引履歴の入手ツ ⇒  取り立て・返済ストップ

                  ↓

       ・法定利率に基づく引き直し計算ツツ ⇒  借金減額・過払い金判明

                  ↓

       ・債権者との交渉・和解案提示ツツツツ ⇒  訴訟に移行する場合あり

                  ↓

       ・和解成立又は判決により法律関係確定

                  ↓

       ・残債務の弁済・過払い金の回収など

任意整理に必要な費用

  

着手金   債権者数にかかわらず  10,000円

基本報酬 ツ債権者1社につき     26,250円(後払い・分割払い可能)

成功報酬 ツなし。 ただし過払い金を回収した場合、回収額の18%

なお、裁判手続に移行した場合には別途報酬が必要となります。

        裁判の基本報酬   債権者1社につき 21,000円

        出廷の場合の日当              10,500円

支払方法 ツ着手金を除く費用は分割払い可 過払い金からの充当による後払いも可ツ

注: 上記は報酬額です。交通費・通信費・訴訟費用などの実費は別途申し受けます。