結婚・離婚や転居に伴う氏名・住所の変更登記

  

結婚・離婚や養子縁組、引っ越しなどで氏名や住所が変わることは珍しくありませんが、

登記簿上、不動産の所有者は氏名と住所で登記されていますので、氏名や住所に変更

があった場合には登記簿上の表示も変更しておきましょう。

この登記を怠っていると、後に当該不動産を他人に売却したり、担保に供してお金を借り

たりする際に、登記簿上の所有者の表示と売主や抵当権設定者の印鑑証明書の表示が

一致しないため、所有権移転や抵当権設定の登記を入れることができず、手続きが停滞

してしまいます。

登記に必要な書類

・登記申請書

・登記原因証明情報(戸籍謄本・住民票・戸籍の附票など)

・委任状

登記に必要な費用

登録免許税   不動産の数×1,000円(不動産の数×2,000円の場合もあり)

司法書士報酬  10,500円〜

            不動産の数や当事者の人数等により異なります