相続登記に必要な書類

  

遺言書がある場合や法定相続分で登記をする場合を除き、相続登記の申請書には一般

的に以下のような書類を添付する必要があります。

・被相続人の出生から死亡までのすべての戸籍

 ⇒相続人の範囲を確定するために必要

・被相続人の住民票の除票(又は戸籍の附票)

 ⇒被相続人の最後の住所を証明するため

・相続人の現在の戸籍

 ⇒相続人の相続権を証明するため

・相続人(新たな名義人になる者)の住民票

 ⇒新名義人の住所を証明するため

・遺産分割協議書

 ⇒協議に参加した者全員の印鑑証明書も必要

・固定資産の評価証明書

 ⇒登録免許税の計算のため

この他、権利証、不在籍・不在住証明書、住居表示実施証明書等が必要になるケースも

あります。また相続関係説明図を添付すれば、戸籍の原本還付を受けることができます。